san diego san francisco

コンバースについて

コンバース インターナショナル スクール オブ ランゲージズ (Converse International School of Languages/CISL) は、1972年に設立された私立の語学学校グループです。30年以上の長きに渡り、海外留学生の為の語学教育指導と国際交流サービスを提供しています。

現在アメリカ国内の2都市(サンディエゴ、サンフランシスコ)にて語学学校を運営しています。厳格な教育方針の元、独自のカリキュラムと教材を用いる事で、常に留学生に対する質の高い語学教育を目指しています。 将来の語学進学の為の語学準備として、また日常生活で必要とされる英語学の向上をめざし、毎年世界各地から数多くの留学生が訪れている定評のある語学学校です。

一般的な英語コースの他に、ビジネス英語コース、進学準備コース、文化的イベントの開催など幅広い分野において英語教育と国際交流を実施しており、進学希望者に対しては進路指導やアドバイスを提供しています。 クラスでの授業の他にも文化活動や,州内の名所への訪問なども積極的に取り入れ、楽しみながら学ぶ事ができる教育環境を提供しています。

国内外の企業派遣者を対象としたビジネス英語 スキル研修などにも力を入れており、エグゼクティブの為の特別研修コースなども提供しています。国内外企業、大学などに対する海外語学研修プログラムや実践的な訓練プログラムの企画、提供なども積極的に行っており、常に幅広い国際教育サービスに取り組んでいま

学校は提供する語学指導とサービスの質に置いて、一定以上の基準を満たす学校のみによって構成される教育連盟、AAIEP(全米集中英語講座連盟)の加盟校です。

FAQ よくあるご質問

CISL Frequently Asked Questions   

Q&Aよくあるご質問

English Courses イングリッシュコースについて

ひとクラスの生徒数は何人ですか。
全てのクラスが8人までですが、一クラス6、7人が平均です。

CISLの授業は政府、または公式団体による公認の物ですか。
はい、CISLはCEA( Commission on English Language Program Accreditation)の
公認を受けています。下記ウエブサイトをご参照下さい。

コースの開始日は何時ですか。
CISLのクラスは毎週月曜から始まります。もし月曜が祭日の場合は火曜日からの開講となります。

クラスのレベルは何段階に別れていますか。
CISLは初心者から上級者まで10段階のクラスがあります。

一番短いコースは何週からありますか。
2週間が一番短いコースとなります。

滞在を延長する事ができますか。
はい、ビザの許す範囲内で、期間の延長は可能です。

自分で滞在先を決めた場合でも、CISLの授業を受ける事ができますか
はい、できます。

クラスの初日について

下記のはサンフランシスコのみ


何時に登校すれば良いですか。
コースによりますが、午前8時もしくは午後の1時15分です。

Standard and Intensive Courses: 1:15pm.
Premier Courses: 8:00am.

スタンダード及びインテンシブコースの方は午後1時15分。

プレミアコース選択の方は午前8時に登校してください。

下記のはサンディエゴのみ

何時に登校すれば良いですか。
午後の1時15分です。

初日は何をするのですか。
オリエンテーションとレベルチェックのテストがあります。授業の進め方、 他の生徒との顔合わせ、校内の設備、課外活動や市内情報の説明を受けます。

Medical Insurance 医療保険について

CISLは医療保険を提供していません。アメリカの医療費はとても高価です。 アメリカへの旅行者の為の医療保険を購入すること、あなたの医療保険がアメリカ での滞在中にどの範囲で有効であるか、最高支払額等の確認を出発前にすること を強くお勧めします。

Diplomas 終了証書について

コースの最後に証明書を受ける事ができますか。
85%以上の出席率であれば、コースの最終日に終了証明書を受ける事ができます。 全ての生徒は「成績証明書」も受け取ります。証明書には語学力(グラマー、発音、読み書き等)について講師からの評価が記載されています。

Airport Pick-Up Service 空港への出迎えについて

空港の、どこで出迎えの人と会えますか。
サンディエゴやサンフランシスコがアメリカで最初の入国場所ならば、税関の外が 待ち合わせ場所です。しかし、入国手続きを他の空港で済ませて来たのならば、荷物引き取り 場所の側にある、観光案内カウンターで出迎えの人と会えます。

Accommodation 宿泊施設について

CISLの授業を取りながら、自分で宿泊施設を見つけても良いですか。
はい、自分で宿泊先を探す事ができますが、学校には連絡先と住所を報告してください。

宿泊先の斡旋依頼だけで、授業を受けない事は可能ですか。
いいえ、宿泊先の斡旋は、当校で授業を受ける生徒にしか行いません。

Student Residences スチューデントレジデンスについて

スチューデントレジデンスは、CISLの校舎からどの位の距離にありますか。
殆どのレジデンスは学校から歩いて10−15分程の距離にあります。 サンフランシスコの「ケンモア」は徒歩で25分、バスで10分に位置しています。

シェアールームとダブルルームの違いは何ですか。
シェアールームにはベッドが2台あります。シェアルームを申し込むと 同性のもう一人の生徒がと同室となります。なるべく他の国の生徒との組み合わせを図りますが 保証はできません。ダブルルームは1台のベッドを二人で使用となりますので、通常はカップルでの利用となります。

CISL以外で勉強している友人と、レジデンスに住む事はできますか。
いいえ、レジデンスはCISLの生徒しか住む事ができません。

コースが終わった後も、レジデンスに住む事ができますか。
はい、レジデンスに空き室があれば数日の延泊はできます。原則的にCISLの生徒でなくなれば 延長して宿泊はできません。

Homestay ホームステイについて

下記のはサンフランシスコのみ

ホストファミリーの家は、学校からどの位の距離にありますか。
ほとんどのホストファミリーは公共機関(バスや地下鉄)を使って、30−45分の距離にあります。

自分の部屋を持てますか。
ホストファミリーの多くは個室で、共同もしくは専用のバスルームを提供しています。

同じ学校に通う生徒と、一緒に暮らす事はできますか。
通常では同じ国籍の生徒通しを同じホストファミリーに紹介しません。生徒はより多くの英語を
話すべきだからです。

もしホストファミリーとうまく行かない時は、ホスト先を変える事ができますか。
はい。CISLはいつもホストファミリーと連絡を密にして、生徒が到着する前にベストな組み合わせをしています。しかし、生徒が正当な理由でホストファミリーを変更したい場合は、ホストファミリーコーディネーターが生徒に合った家族を再度紹介します。

コースが終了した後も、ホストファミリーの家に宿泊していても良いですか。
はい、1泊か2泊の延泊に限ります。もしその家に空き部屋があれば、数日の延長をアレンジします。原則的にホームステイの延長は、CISL在校生以外にはしません。

Activities 課外活動

何か課外活動カリキュラムがありますか。
はい。午後や週末の課外活動や小旅行が毎週あります。オリエンテーションの時に課外活動のカレンダーを渡します。アクティビティ コーディネーターが皆さんの質問に答えます。

Visa Information ビザについて

学生ビザが必要ですか。
アメリカに勉強が目的で、フルタイムコース(週に18時間以上)を受ける時は、F-1ビザ(学生ビザ)を取ってアメリカに入国しなければいけません。しかし、週18時間以下のクラスを取る場合は、ビジタービザでも可能だとアメリカ政府は言っています。 下記のウエブサイトは学生ビザ取得に関して、とても役に立つ物です。参考にして下さい。

Payment 授業料等の支払いについて

支払いの期限はありますか。
応募の際に120ドルの授業料手付金を払わなくてはいけません。これは払い戻し不可能です。宿泊施設を希望しているときは、250ドルの宿泊施設用手付金を申し込み時に支払わなければいけません。残金はコース開始日までに支払って下さい。もしI-20 (学生ビザ)を申し込んでいれば、授業料の全額を払わなくてはいけません。

銀行送金、またはクレジットカードで支払いは可能ですか
はい、両方とも可能です。銀行送金を希望の時は、応募用紙が確認された時点で、当校の銀行口座の詳細を送ります。

sd joseph

私は日本語を話し、あなたを支援するためにここにいます。

Joseph Tanner
Assistant Academic Manager
Japanese Sudent Liaison